里子虐待の声優鈴池静容疑者のPTSD解離的二面性カタリ

声優業のかたわら
早大大学院で公共経済学を学んだり
心理士として研究をしたり
 ―どんな研究か興味津々
小学校ではPTA会長
「社会貢献したい」と里親になったなど
ブログで
自分の活動をPRクラッカー
 ―よくあるパターンですね。
 プロフィールだけを
 安易に信用したら
 大変なことになるので
 過去のブログで
 行動パターンをチェックしてくださいね。
「すてきなお母さん」と
みられていたようですが
一方で叫び
里子のことを
「ゾンビ」」
「心と体がつながっていない」と
記述します。
 ―心理士なら
 どうして心と体がバラバラなのだろうと
 考えるべきでしょう。
周囲も
感情の起伏が激しい一面があり
「保護者会で関係のない話題を持ち出し
突然泣いたり
悔しがったりもしていた」と
証言しています。
 ―会話がかみ合ってないのです。
 感情に支配された自己チューだから。
PTSDで
 ―心的外傷後ストレス障害で
 ストレスにやたら弱い
解離しやすいので
 ―声優は向いてますね。
本当は治療に専念すべき段階で
大上段にいろいろ
語ります。
カタリですね。
こういうの多いですよ。
気をつけましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。