PTSDは流行ってないけど【その場しのぎ症候群】は流行しているらしい

問題を放置するよりは
「その場しのぎ」でも
手を打った方がよい場合も
ありますね。
 ―応急処置
しかし
「その場しのぎ」をしているうちに
「その場しのぎ症候群」に陥る
危険性について
ロジャー E.ボーン教授
(カリフォルニア大学)らが
指摘しているそうです。
 ―これは流行しているようです。
そうなる原因は
★「その場しのぎ」には
 達成感や充実感があり
  ―『これでよし!』と
 条件づけられてしまう。 
★「その場しのぎ」が習慣化すると ←忙しいから
 
★根本対策の発想が頭から消えてしまい
★「その場しのぎ」が社内認知されてしまう。
 ―「そんなもんだ」
   というよりは
 「あの人やり手!」
PTSDの解離行動と似てますね。
自我の統合能力が弱まると
些細なことが気になり
ストレスになります。
その状態に耐えるのは
しんどいことです。
本来は治療の対象ですが
 ―PTSDですから
飲酒などのアディクション行動で
発散することができます。  ←勧めてません!
それぞれの発散方法には
★充足感があり
★乗り越えた感を味わわせてくれます 
★治療は『ま、いいか!』となります。
★そんな話を人に活き活きと
 語る人も多いです。
 ―予後は悪いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。