PTSD解離自殺の背景に流行遅れの「消えた老人」

職業不詳の男性(48)が通院する
病院から通報があり
 ―何科か書かれてませんが
 男性はPTSDでしょうね。
自宅を確認したところ
玄関先で
頭にポリ袋をかぶって
死亡しており
 ―普通はこんな苦しい方法
 避けますね。
押し入れの衣装ケースから
母親(98)の遺体が
みつかりました。
近くに
「2007年冬に死んだ母親を
押し入れに入れた。
お母さんのところに行きたい」と
書かれたメモがありました。
年が離れていますから
かわいがられたのかも
しれません。
ショックが大きく
現実的な対応ができなくなって
しまったのでしょう。
 ―【解離】と言います。
こころが自律できなかったのは
 ―発達障害ではなく
親子の心的な葛藤のためでしょうが
親が死んでしまったら
もう治せないと思ってしまったのかも
しれません。
 ―よくある勘違いです。
そう言えば
「消えた老人」の話
消えましたね。
水面下では
少しは残ってるのでは
ないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。