ストレスで患者さんの爪をはがすPTSD解離看護助手再犯

2004年9~10月に
女性患者6人の爪
計49枚を剥がし
2006年1月に
実刑判決を受けた
看護助手(37)がまた
逮捕されました。
「仕事のストレスがたまり
イライラしてやった」
 ―7年前も仕事上のストレスでした。
★ストレスで【解離】してしまうことや
★PTSDは刑務所に入ったからと言って
治らないことを
教えてくれています。
患者さんは血を流したまま
放置されており
 ―病院でこんなことされたら
 PTSDになりますよ。
ただストレスを解消することだけが
目的であったようです。
恐ろしいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。