『コクリコ坂から』上を向いて歩かなければならない

$PTSD研究家翠雨の日記
1963年の横浜が舞台ですが
サザンの原由子さんは
小学校一年生の頃
横浜に住んでいたそうです。
写真のような感じで
考えてみれば
奇麗事ばかりではなかったけれど
 ―戦争で破壊されたままの建物
 公害
♪上を向いて歩こう
希望にあふれて
明るくまっすぐな勢いがあったと
回想されています。
何も明るい場所にいるから
明るくなるんじゃない。
$PTSD研究家翠雨の日記
地下で
(買うよりは)借りる生活でも
創意工夫をして生活すること
特に
光を取り込むことが
大事だというのは
アリエッティにも
表現されていました。
自灯明 →法灯明
(キリスト教でも同じですね)
自分が自分を照らさずに
セルフ(自己治癒力)は
作動しないってことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。