チャンピックスもアブナイと厚生労働省警告

厚生労働省は
国内初の
経口禁煙補助薬
バレニクリン酒石酸塩
(商品名チャンピックス)の
服用後に
意識障害を起こした例が
約3年間で6件発生し
うち3件は
自動車を運転中だったので
側溝に車が突っ込むなどの
事故につながったと
発表しました。
喫煙欲求を抑制するために
脳細胞の
ニコチン受容体に作用するそうで
やっぱり薬品は
使わないほうがいいです。
薬で
こころをコントロールしようと
する発想がおかしいです。
ファイザー製薬は
他の抗精神薬も
点検したほうがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。