甲府病院でPTSD解離技師による子どもへの論外・ずさんな過剰被曝

$PTSD研究家翠雨の日記
病院によると
過剰投与は
1999年から今年まで続き
15歳以下の患者145人のうち
日本核医学会の投与基準を超えて
内部被曝した患者は
少なくとも84人
 ―5倍超は60人
 10倍を超は41人
技師は
子どもは動くので
どうしても量が多くなる。

もともと量的に微量という認識で
10倍以上になっても大丈夫だと思った」と
説明しますが
台帳には虚偽のデータを記入
病院は
「法令順守の意識が低く
放射線の安全性に対する認識も甘かった」と
謝罪してますが
この技師
PTSDですね。
常識や良心など
【解離】してます。
病院に解離人格がいたら
アブナイですね。
アスペルガーの子どもに
脳波をとることが
勧められてますが
睡眠薬で酔っ払っている
報告が多いです。
 ―毎日
 治療薬と称して
 (不適応を抑えるために)
 薬を飲まされている子もいます。
子どもへの虐待医療行為を
なんとかしなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。