大阪市営地下鉄・市バスでPTSD解離運転手に覚せい剤と大麻の反応

8月に
市バス運転手が
覚醒剤を使用し
逮捕・起訴された事件を受け
抜き打ち検査をした結果
男性運転士(40)から覚醒剤
別の男性運転士(38)から
大麻の陽性反応が
検出されました。
覚せい剤反応の運転手は
「身に覚えがない」
大麻反応があった運転士は
使用を認めたり
「副流煙を吸った」と
説明を変えたりしています。
アブナイですね。
解離すると
事の重大さが
わからなくなるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。