事務所が用意したPTSD矯正プログラムから逃走した加護亜依

本日未明
自身のツイッターに
「ファンの皆様に
ご心配をおかけしてしまい
本当にごめんなさい。
元気になります!
無事に退院しました。
しばらくはゆっくり休みます。
もうご心配をおかけしません!」と
書き込みました。
 ―センセイの不祥事を詫びる
 教育委員会のようなもので
 因果がつかめていない
 カラ約束です。
所属事務所は
厳密な行動療法メニューを
組んでいたのですが
★監視
★PTSD解離行動には厳罰
連絡はなく
事件の発端になった
より甘い環境に
逃げたようです。
機能不全家族の元に帰るのも
トラウマを刺激しますが
人間性が変わらないまま
問題のあった場所に帰るのは
ちょっと問題ですね。
以前の復帰会見でも
喫煙行動や
自殺未遂行動について
「なんでかわからない」でした。
本質は変わってないですから
また繰り返すのでしょう。
薬が手元にあるようなので
 ―合法の薬ですが
 麻薬以上にアブナイ!
だましだまし生きられる
時代でもなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。