禁煙政策もいいけどうつ病誤診の恐怖政治をやめろ!

日本たばこ産業
(JT)の募集に応じ
栽培をやめる
(廃作)ことを希望している農家は
4割だそうです。
農薬規制や天候不順などによる
収量の減少に悩まされていた
事情もあるそうですが
国策の一環に
応じるのでしょうね。
PTSDの時代の
依存症対策としては
 ―厳しいでしょうが
よいことなのでしょうが
一掃しようとする動き
ちょっと
コワイ感じもしますね。
$PTSD研究家翠雨の日記
その国家圧力は
こっちの禁止に
使って欲しいです。
時代は
不安と神経症の時代なのに
 
 ―要するにPTSD
ドイツ精神医学に
照らし合わせるから
似たようなのは
うつ病しかなく
ネズミ捕り業者のように
一律に
毒殺しようとする
恐怖政策です。
 ―無意識か知りませんが
 政策でしょう。
 こんな国は珍しいですから!
『借りぐらしのアリエッティ』の
1シーンです。
$PTSD研究家翠雨の日記
10年前は
あまり見かけませんんでしたが
 ―「やめたらよけいストレスたまって
 健康に悪い」とか
 「個人の自由だろ」とか
 (煙の被害も?)
 否認し放題だった。
禁煙の絵がここ数年増え
今年は
赤くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。