自殺サイトで18歳大学生が嘱託殺人のPTSD解離時代

自殺志願の
22歳会社員に頼まれ
刃物で殺害しようとした
山梨県在住の
国立大学一年生
男子学生が
逮捕されました。
 ―割と古典的な
 大学生の気の迷いですね。
 こういうことがあるから
 大学はこころの健康教育を
 しなくてはなりません。
自殺サイトで知り合ったようで
大怪我を負った
22歳会社員も
「自分が頼んだ」と
言っています。
2人はこれから
どうなるのでしょうか?
自殺サイトなんて!とは
思いますが
自殺問題は
手つかずで
苦しむ人は増え続けていますから
 ―さらにあの手この手で
 網掛けて
 捕獲し
 死に追いやります。
$PTSD研究家翠雨の日記アリエッティ
★ドイツ精神医学と   ←ベンツ
★バカチョン薬物治療の ←鼠取り業者
絶妙なコラボは
現代人のあり地獄です。
こんな場所で死にたくない。
(間違ってはいますが)
苦しみを理解し
苦痛を開放する支援を
親身になって
してくれる人たちのなかで
死にたいと
願う人がいるということ
ではないでしょうか。
自殺防止対策より
自殺サイトが
選ばれている理由から
考え直さねばなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。