小6から母親に売春強要された16歳少女のPTSDが見えない素人児童相談所

覚せい剤を使用し
逮捕された16歳の少女が
小学校6年生の時から
実の母親に売春を強要されていた事件ですが
少女を保護した
児童相談所は
売春の事実に気づかなかったようです。
 ―明日からの少年審判で
 情報提供するわけですが
 こんな児童相談所の書いた
 準備書面に
 何の意味があるでしょう?

母親に対する恨みなどは
話さず
経過だけを淡々と話しているから
わからなかったと言うのでしょうが
 ―防衛機制が2つは入ってます。
 複雑です。
 理学療法士の国家試験でも
 このくらいわからないと通りません。
それなら専門家とは
言えないですね。
 ―やはりリカちゃん病院ならぬ
 りかちゃん児童相談所です。
これだけのトラウマが
見えないなら
苛め自殺がわからず
気まぐれや発達障害扱いするのも
仕方がないでしょう。
酷い話です。
昨夜はショックで
飲みすぎましたショック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。