少年の手足を縛って海に投げ入れたPTSD解離少年の言い分

京都府舞鶴市の港で
昨年6月
建設作業員布川由一さん
当時(17)が
水死した事件で
足を縛って
海で泳がせたとして
暴行罪に問われた
元少年(20)の
判決公判が
京都地裁であり
懲役1年
執行猶予3年
(求刑懲役1年6月)が
言い渡されました。
元少年側は
無理やり海に入れたわけではなく
暴行罪にならない」として
無罪を主張していました。
  …
常識で考えると
おかしな主張ですが
元少年は
『ボクもそうされてきたよ』
『こんなときどうしたらいいのか
 教えてよ』と
訴えているのでしょう。
今の少年はもっと
過酷ですよ。
強烈な薬がありますから。
専門家が
よったかって
PTSDを不治の病にし
薬漬けに追い込みます。
北海道の児童相談所は
PTSDを犯罪者にしました。
本当に狂ってるのは誰ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。