売春強要&覚せい剤少女の出席日数しか数えられないPTSDなき臨床心理学

覚醒剤取締法違反容疑で
逮捕された
札幌市の無職少女(16)が
実母(42)から
売春や覚醒剤の使用を強要されていた事件で
少女は児童自立支援施設を出て
再び母親と同居し始めた
今年2月から中学を卒業する3月まで
一度も学校に行っていないことが
21日
札幌市教委や児童相談所への取材で分かった。

鬼の首でも取ったかのように
馬鹿馬鹿しい…。
学校は出席日数しか
数えず
児童相談所には
少女の苦悩が
全く見えず
地獄ですね。
北海道の
臨床心理士も大学教授も
教科書の字の数
数えてるんじゃないか?
こんなので
臨床心理士の国家資格なんて
ちゃんちゃらおかしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。