少年院脱走の18歳もPTSD解離時代の象徴

「少年を脱走させるという
事案により
少年院の責務を果たせず
心からおわび申し上げます。
今後は
再発防止に向けて
取り組む」
少年院長の言葉です。
固いですね。
昨日は
「地域に不安を与えた」とか
書いてましたから
多分
逃げられた・逃がさない
くらいの表面的な話でしょうが
なんで
★少年が逃げるのか
考えるようになる
前段階になればいいですね。
行動療法ができたのも
実験ネズミが逃げ出したからです。
$PTSD研究家翠雨の日記
ネズミ捕り業者みたいな
精神科投薬の問題は
少年院も
無関係ではないでしょう。
そういうのからは
命がけで
逃げ出す必要があるのです。
PTSDについて
世の中が知るようになれば
地域の住民の少年らへの
まなざしがやさしくなり
『なんか辛いことがあっだんだろうな』
『がんばれよ』となり
不安一辺倒ではなくなると
思います。
やはりネズミのように
害悪扱いされているんじゃないかなと
思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。