フクシマにフラガールが復活してこころのケア

$PTSD研究家翠雨の日記
『フラガール』は
2006年9月23日全国公開の
日本映画です。
 ―第30回
 日本アカデミー賞
 最優秀作品賞受賞作品。
 2008年7月には
 赤坂ACTシアターで
 舞台化もされました。
炭鉱で働く人々が
職場を失う
現実・苦悩に立ち向かうために
町おこし事業として立ち上げた
常磐ハワイアンセンターですが
 ―PTSD予防から生まれた
 昇華としての
 フラダンスです。
 北国にハワイを!ですから
 陰陽五行説です。
 北国は北国らしくでは
 ないのですひらめき電球
1965年頃の
 ―コクリコ坂は1963年
フクシマですから
今と違います。
 ―今はカタカナになってしまいました。
 ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ
女性が
このファッションで
この踊りを
披露するのは
タブーを破ることだったと
思います。
 ―小向美奈子なんか
 この頃だと
 一生閉鎖病棟でしょうね。
 今でも半ば犯罪者扱いですがしょぼん
一丸となって
PTSD予防してきた
歴史あるフラガールの復活は
それだけで
温故知新の
こころのケアになると
思います。
蒼井優さんの
バレエ(基礎)仕込みの
フラダンスも
なかなか圧巻です。
 ―ぼうっとした感じの女優さんですが
 いろんな面があり
 素敵ですドキドキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。