ノーベル平和賞「女性の安全」のため非暴力で闘った女性3人に

ノーベル賞委員会は
リベリアの
エレン・サーリーフ大統領
レイマー・グボーウィ氏
イエメンの
タワックル・カルマン氏の
女性3人に授与すると
発表しました。
女性の安全のために
非暴力で闘ったことなどが
理由だそうです。
$PTSD研究家翠雨の日記
PTSD問題の
 ―極悪の人間はみなPTSDで
 解離しています。
悪に怯まず
挑発に乗らず
闘いに勝つには
やはり非暴力の精神です。
ユングが言うように
哲学的忍耐力の問題です。
 ―不安を否認してるうちは
 非暴力なんて
 理解できないようで
 デタラメな持論を平気で
 振り回しますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。