漫画家の青山景さんも「よい子」を降りそこなってPTSD解離自殺

ツイッターの書き込みは
5日までは普通
6日
「まあ
やり残したことや
やりたかった夢などは
いっぱい残ってはいるけど
『思い残すこと』は
あまりないのだ。
僕は
僕が生きた32年に
結構満足しているのだ」と
自殺をほのめかすような
書き込みがあり
9日夜
東京都にある自宅マンションの
浴室で
首をつった状態で
発見されました。
講談社の青年コミック誌
「イブニング」で
漫画「よいこの黙示録」を連載中
「私は私に
真綿で首を絞めるようなやり方で
殺されつつあるのだけど
 ―よい子の苦しみ
問いたいのは
殺した後どうするつもりなのか
ということ。。」
 ―普通はPTSDを発症し
 コントロールできなくなって
 「悪い子」になります。
「作家生命というものがあるとして
それを殺すことで
一体<私>は何を得るつもりなのだろうか」
 ―作風を殺していたのでしょうか?
 
煎じ詰めれば
「よい子」問題みたいですね。
$PTSD研究家翠雨の日記
 ―「自分って一体何?」
 根源的哲学的問題が
 今は大問題です。
ジブリも問題にする
「よい子」
漫画家も混乱させます。
こころの健康教育が
必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。