アニメーション・オブ・ザ・イヤーは精神医学風刺の『借りぐらしのアリエッティ』

第10回
東京アニメアワードの
表彰式が
東京都内で行われ
「アニメーション・オブ・ザ・イヤー」に
スタジオジブリの映画
「借りぐらしのアリエッティ」が
選ばれましたクラッカー
生きる希望を失わず
前を向いている人たちを
描いたという
米林宏昌監督
「(東日本大震災が起きた)
今の時代にも
通じるものがあるのではないかと

思っています」と
語りました。
今の時代に通じるとか通じないとか
どころじゃないあせる
PTSD研究家翠雨の日記
多様なこころの病を
不治の病しかない
ドイツ精神医学に  ←ベンツ
押し込め
 ―心理療法で治すものを
 投薬治療で管理する。
ネズミ捕りみたいに
一律薬をかけて
 ―早期発見キャンペーンは
 強化されてます。
 病気扱いされないように
 ご注意をひらめき電球
PTSD研究家翠雨の日記
フツーの人を
不治の病扱いし
可能性を閉じ込めます。
PTSD研究家翠雨の日記
ユング心理学研究者が
【象徴】の使えない子を
発達障害扱いするので

 ―使える子は治る
 使えない子は治らない
ジブリは
象徴
(自己治癒力)はアリエッティ!と
叫んでいるのです。
発達障害扱いされている子は
たいていPTSDです。
健常児です。
 ―今は調子を崩しているだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。