人間関係をこじらせてほくそえむPTSD解離性愉快犯

$PTSD研究家翠雨の日記
軽度の場合は
無意識的に
行ってしまいます。
しかし
未治療のまま放置され
重度になると
わざとそうして
自分の潜在能力を
確かめつつ
 ―こういうことは
 しようとすれば
 誰でもできますが
 普通はしないものです。
 勘違いの倒錯です。
こころの不全感を
埋めるようになります。
まさに安宿
 ―安直な場所
  つまり
 解離体質です。
子どもでも
こういう子います叫び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。