小学生に物乞いさせる父親のいる時代にはこころの健康教育は必須

長男(11)に
路上で物ごいをさせ
現金を受け取らせた
建設作業員の父親(33)が
逮捕されました。
「お父さんは関係ない」と
かばう長男ですが
父親は
長男を放置して
車で走り去ろうとし
「子どもが勝手にやった」と
否認しています。
 ―非行少年集団でも
 もう少し律儀ですよ。
機能不全家族も
ここまできてます。
学校で
普通に適応できたら
不思議でしょう。
勉強についてゆけなくて
発達障害扱いとか
落ち着きがなくて
ウソばかりつくから
 ―何が現実か自分でも
 わからなくなって
 混乱している。
アスペルガー扱いされるでしょう。
学校で
こころの健康教育をし
PTSDの知識を
身につけさせるしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。