特別支援学級でPTSD解離新米講師がキレて生徒を暴行

滋賀県大津市の
市立志賀中でも
特別支援学級の
耳の不自由な
15歳と14歳の姉妹に
繰り返し暴行を加えていた
元臨時講師(28)が
逮捕されました。
指導の行き過ぎ
増えています。
 ―根本からも間違ってますがあせる
口の動きで
授業を理解できないことに
腹を立て
 ―これを教えるのが仕事ですね。
 耳が不自由なのは
 ストレスですから
 擬似発達障害という名の
 PTSDかもしれませんし
 そもそも
 耳が聴こえないのが
 PTSDによるものかも
 しれません。
 総合的な視点に欠けてます。
殴る蹴るの暴行や
ペンの先を
手の甲や太ももに刺すなどの
暴行を繰り返し加えたようです。
大学出ただけで
一人前扱いされ
未熟さを
反省し善処することなく
キレて
 ―PTSDの解離
子どもが犠牲になることが
あまりに
多すぎます。
大学も
こころの学会も
PTSDを否定してますから
仕方がないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。