リンジー・ローハンはPTSD解離性場当たり人格だから実刑にならないと目が覚めない

裁判所から言い渡されていた
死体安置所での奉仕活動に
初日から遅刻し
門前払いをくらった
ようです。
 ―海外では
 犯罪を犯した
 依存症には
 治療的配慮があります。
「これが最後のチャンス」と
何度も言われつつ
厳しい罰は免れているのですが
 ―法的な
 執行猶予の対象では
 なくなりました。
今回も
何とかなると思っている感じですね。
依存症の特徴です。
行動療法的な
指導ではなかなか
難しい事例です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。