83歳母親の首をハサミで切ろうとしたPTSD解離性勘違い女

埼玉県川口市の
アパートで
61歳の女が
83歳の母親の首などを
ハサミで刺し
殺害しようとして
現行犯逮捕されました。
「娘に刺された」通報した母親は
重症
娘も
「殺そうと思って刺した」
PTSDの原因のほとんどは
機能不全家族によるものですが
心理療法のなかで
問題になるのが
この攻撃性です。
些細な刺激で
容易に出てきます。
 ―出たくて出たくて
 仕方がないのです。
 現実からすれば
 言いがかりですが。
自己治癒力のエネルギーの
一部ですが
一部が全体の顔をし
我が物顔で
具現化されたとき
悲劇が起こります。
本人全く悪びれてないでしょう?
これがわからなのが
重症のPTSD解離人格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。