睡眠薬とお酒を飲んでるフクシマのおばあちゃん

双葉町生まれで
看護師を経て
生活支援相談員をしている
女性が
 ―こういう人が
 震災のこころのケアには
 大事ですね。
朝日新聞に書いてます。
母親のストレスが影響したのか
落ち着きがなくなったり
奇声を発するようになった子がいたり
 ―アスペルガーとか言われてる
 被災地外のお子さんは
 見直してあげてねひらめき電球
うつに近い状態の人が増え
 ―「眠れない」
  「食べられない」
  「眠れない」
  「元気が出ない」と
  訴える。
  うつ病治療受けてる人も
  検討し直してみてねひらめき電球
睡眠薬を服用する人も
増えたようですが
それでは効かず
お酒と一緒に飲んでる
おばあちゃんがいるそうです。
危険ですね。
こころのケアはどう限界なのか
だんだん報道され始めてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。