虐待で器質的脳障害になった発達障害のトラウマ?!

$PTSD研究家翠雨の日記
心理臨床学会から送られてきた
研修会の案内
4人の講師の一人が
杉山登志郎先生
発達障害と虐待との
関連は
あまり
指摘されてこなかったけど
 ―当たり前だ!
 母親の胎内に宿る前に
 どうやって虐めるのだ?
 (胎内トラウマは
 対象関係論がお得意な
 自閉症論
 ただし自閉症は消え
 無理に
 自閉症スペクトラムと
 かさ上げしてるのは
 PTSDの誤診
 しかも治す気なしの 
  ―昔は治療対象だった
 デタラメ論法)
 
増加する小児虐待で
脳の器質的変化が生じ
 ―頭蓋骨陥没骨折後の
 脳内損傷という
 外傷でしょうか
 心的外傷による
 心身症でしょうか?
情緒障害では収まらない
状況がもたらされるそうです。
しかし
トラウマ処理は
必要なんだそうです。
こんなの
貴重な休日に
遠方まで出かけて
5千円も出して
6時間も
聴いてられるような
臨床家って
どうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。