PTSD克服法としての詩

$PTSD研究家翠雨の日記
谷川俊太郎さんの詩です。
詩を書くように
 ―あんまり意識しすぎると
 これまた問題ですが
書くのがよいでしょう。
感情に任せて
書きなぐるのは
初期の頃には
よいですが
いつまでも
書きなぐってると
きりがないですね。
内容に酔っ払って
自己中毒を起したりしますしね。
確かに
謙虚に
遠慮がちに
思索されている方々は
ゆっくりゆっくり
しかしどっしりと
変化されているように
思います。
詩は
瞑想的であり
哲学的なんだなぁと
理解できる詩ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。