てんかん発作性PTSDの運転事故に有罪判決

車の運転中に
てんかんの発作を起こし
歩行者2人をはね
うち1人を死亡させた
被告(22)に
松江地裁は
「被告には
自動車の運転を差し控えるべき
注意義務があった」として
禁錮2年の判決を
言い渡しました。
★免許の更新時に
てんかんの持病を申告せず
★事故の4、5日前から
薬の服用をしていなかった
ここまでは
個人の自由ですが
これで
運転したら
ルール違反です。
「無自覚で安易な姿勢」と
指摘されます。
ここで運転するのは
てんかんだからではなく
PTSDで
解離しているからです。
てんかん性PTSDには
アウトローが多いです。
 ―発症前は律儀ですから  
 真逆になり
 噴出すトラウマに
 翻弄されます。
てんかん発作は
大変なストレスと
予期不安に苛まれますから
 ―自己の内外から
 イジメられる
注意しないと
PTSD発症のリスク大
なのです。
てんかん治療には
PTSD予防教育を!
です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。