ストレス性脱毛症を個性化した東国原英夫さん

前宮崎県知事ですが
貼るタイプのかつら
「ヘアコンタクト」
新広告キャラクター就任記者発表会に
出席し
「フライデー事件の後くらいから
抜け始めた。

30代前半には
もう“ハゲキャラ”になってました」
30代は
特に薄毛に悩み
パーマをかけるなど
いろいろ工夫しますが
プールに入ったとき
バレてしまい
薄毛キャラが定着してしまって
なかなか方向転換できなかったと
明かしました。
ストレスはいろんな
場所に悪さをしますからね。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
そして
心身に
影響を与え続けるようです。
でも
その過程が
個性化しているようにも
見えますね。
 ―かつらもつけてみますが
 ないほうがいいような…。
自己実現モデルだと
思います。
正しく悩むことで
最高のものが手に入ると
古来から
言われてきています。
抗精神病薬は
それを阻害します。
親切ごかしですね。
$PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。