PTSD解離の時代で大家に訴えられる自殺遺族が増加

首都圏の
賃貸住宅で起きた
自殺について
大家が
遺族に
家賃の減額分や
 ―自殺が起きた部屋は
 きれいにリフォームしても
 その旨伝え
 減額します。
$PTSD研究家翠雨の日記
 ―人によっては
 PTSDになるくらい
 精神衛生の問題がありますから。
修繕費など
293万円の
損害賠償を求めていた
訴訟は
東京高裁で和解
80万円を
遺族が大家に
分割払いすることに
なりました。
このほか
事前に
退去告知できなかったので
3カ月分の
家賃24万円を
家賃保証会社に
支払うことになります。
娘を亡くした父親(56)は
その悲しみのなかで
こういう事後処理を
しなければなりません。
自殺者増加で
こういうケースは
増えているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。