原発所長も「死ぬと思った」地域を見守るこころのケア世界へ

$PTSD研究家翠雨の日記
原発所長も
「死ぬと思った」
 ―死ぬかとじゃなくて
 死ぬです。
$PTSD研究家翠雨の日記
そんな場所に
住んで
放置されてる人々がいるんです。
「なんで逃げないの?」
「自己責任でしょ?」
「PTSDになるぞ!」
 ―「ガンになるぞ!」の間違いでしょ?
  ガンの恐ろしさがわかっているなら
  救出を考えるのが人間性
  解離してます。
そういう
二次被害
三次被害より怖いのは
無関心です。
 ―マザー・テレサも
 言ってましたね。
しかし
今現在
世界各国も含め
12万以上の人が
注目していますダウン
http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/?copy
これがこころのケアになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。