オウム平田容疑者の逃亡生活を支えた人々もPTSD時代の象徴

逃亡生活については
「迷惑がかかるから
言えない」と
言っているそうです。
気持ちはわかりますね。
言わねばならないけど
言うわけにはいかず
気持ちが
引き裂かれていると思います。
 ―解離行動すると
 あとあといろいろ
 普通なら直面しないような
 難題が立ち上がります。
逃亡を助けたと言っても
悪事を働いた人間だと
★重々承知の上で
助けた人と
★知らずに
助けた人がいると
思います。
未治療のPTSD患者さんの
周囲にも
そういう構図が
みられます。
親切でかばってあげているのですが
 ―「あなたは悪くないのよ。
  (悪いのは脳だけ)
  お薬どうぞ」
 「その生き方素敵ドキドキ
気づきを妨げ
結果的に
親切ごかしになるんですね。
$PTSD研究家翠雨の日記アリエッティ
PTSD治療
初期は
治療者も要らないことをせず
周囲のそういうものを
排除してゆきます。
これで相当よくなります。
 ―苦しみは
 始まりますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です