御節料理が廃れないのは陰陽五行説が【象徴】として生きている証

外食チェーン店が叫び
おせち約3000個を
年末までに
注文先に届けられず
1000件を超える苦情が
寄せられたそうです。
 ―このくらいの迷惑でも
 3分の2の日本人は
 文句を言わないんですね。
 一人で不当に言い過ぎる
 クレーマーも多いですがあせる
 うつ病誤診の苦情は
 もっとあるハズですひらめき電球
興味深いのは
平成の時代になっても
天皇家に関心が高く
 ―ちょっと迷惑なのも
 ありますがあせる
外注してでも
御節を食べたいものだという事実です。
 ―前年より注文が増えたのが
 遅れた要因だそうです。
 嗜好に合っているわけでも
 健康によいわけでも
 (ファーストフードよりはいいですが)
 リーズナブルなわけでもないですね。
御節は
陰陽五行説以外では
説明のつかない言葉ですよね。
ユング派が否定しようがしまいが
【象徴】は健在なのです。
 ―キリスト教の神みたいな存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です