初泳ぎで気合を入れて東洋医学的こころのケア

$PTSD研究家翠雨の日記
長崎遊泳協会
伝統の「泳ぎ初め式」
(寒中水泳)が
ねずみ島(皇后島)で行われ
1年の無事と健康を祈り
約70人(6~72歳)が
参加しました。
市長は
「昨年は大震災が発生し
日本中が悲しみに包まれた。
大切なのは自信をなくさないこと。
冷たい海に入り
自分の中にある
力を確かめる時間に」と激励
6歳の女の子の母親(41)は
「これで気合が入ったかな。
何事も前向きに取り組んでほしい」と
望んでいました。
昔からある鍛錬法です。
気力も養いますが
ただのガマン大会ではなく
 ―ガマンなら
 性格がゆがみます。
ツライと感じるのは
自我(意識)だけで
身体も魂も
歓びます。
そして応えてくれるんです。
感応道交の実際でしょうね。
なんでそんなこと知ってるかって?
毎日水を被っているから
わかるのです。
 ―冬が最高!
大変心身がリラックスします。
 ―頭髪が薄く
 心臓の弱い人は
 禁忌らしいですから
 それだけは注意。
 そこを直したら
 チャレンジできます。
よいものはたいてい
常識はずれです。   ←実は正しい!
 ―気分が落ち込んで
 うつ病薬飲むのは
 現代の常識ですよね。  ←間違いですが…
なんか人間狂ってきてますね。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です