「不良は個性」石原慎太郎・東京都知事PTSD性解離発言健在

『スパルタ教育』
(光文社)で
子供の不良性の芽をつむな」と主張
インタヴューで
(本当にそれでよいのかと)
確認されて
「ああ、何をもって不良というか
よくわからんけども。
やっぱりほかの人間と
違ったっていいんで
そこが人間の個性なのに
それをあんまり抑圧してもしょうがない」

 ―未治療のモンスター型PTSDには
 麻薬みたいな言葉ですよ。
 麻薬本ですひらめき電球
父親から受けた体罰に
違和感があるのに
「愛情を感じる」と【合理化】し
 ―エピソードには
 不安から殴ったと書いてある。
自分の子育てでは
実は殴らなかったと
笑って【躁的防衛】
$PTSD研究家翠雨の日記
不良はPTSDという
視座がなく
 ―確かに昔は
 限界まで大暴れしつくしたら
 気づきが起こって
 治癒する人も何割かいました。
良いか悪いか
(白黒二元論)の渦の中から
解離性場当たり発言を
繰り返します。
79歳ということですが
もうこの古びた
十人十色的
妙な個性偏重思想は
墓場まで持って行くのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です