知的障害者こそが輝く無我の「さをり織り」

自由奔放であるのが
身上だそうです。
糸だけ選んで     ☚色とか感触
考えずに織ってゆくから
パターンはなくて
色の組み合わせは自由
 ―この色とこの色は合わないとか  ☚つまらない
 派手とか
 そういうことはナシ
 むしろ奇想天外さを    ☚感応道交
 楽しむ
穴があくこともあるでしょうし
糸が飛び出している部分も
できるでしょう。
なんだか
楽しそうですが
これが普通はむつかしいそうです。
常識や既成概念ってものが
身についてますからね。
$PTSD研究家翠雨の日記
最高の作家さんは
知的障害の人たちです。
 ―ダウン症の人とか
 昔からある知的障害です。
 限られた世界の中でも
 精一杯表現したら
 輝くのでしょうね。
 人間なんてみな不自由だけど
 自由だよと
 教えてくれてるみたいですね。
電車が
JRの大阪駅に着く頃
ビルの一室の窓に
教室の広告を見たことが
あります。
 
兵児帯に良さそう
 ―カイロくるんでねニコニコ
みなさんなら
ストールかな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です