チベット族の焼身自殺と日本のうつ病誤診による自殺の流行

中国共産党政府の
高圧的な
チベット政策に抗議し
焼身自殺を図る
チベット族住民が
相次いでいます。
昨日も
19歳の
チベット族僧侶が
抗議のスローガンを叫びながら
体に火を付けました。
 ―すぐに連れ去られたので
 生死は不明
このような人は
昨年3月以降
23人以上で
14人が死亡しています。
日本は
高圧的な精神医療に抗議する
集合的無意識による
自殺が
年間3万人ですね。
$PTSD研究家翠雨の日記
ベンツに象徴される
ドイツ精神医学が
PTSDをうつ病と誤診し
ネズミ捕りのように
薬漬けにしています。
中国も日本も
そう変わりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です