押尾学のPTSD解離性犯罪に懲役2年6ヶ月の実刑

合成麻薬MDMAを
一緒に使用して
容体が悪化した
女性を放置した
元俳優押尾学被告(33)の上告審で
最高裁は
被告側上告を
棄却する決定をし
懲役2年6月の実刑が
確定しました。
常識的に考えれば
今日の日を向かえることは
明らかなのに
離婚した妻子が
どれだけこころに傷を受けるかも
わかっていたハズなのに
PTSDのため
 ―ストレスに弱い
【解離】し
 ―常識が飛び
 イージーに流れる。
薬物に手を出したところから
転落人生が始まったのです。
 ―あとは
 よほど頑張らないと   ☚如人千尺懸崖上樹
 転落の一方です。
芸能人の裁判所送りも
増えていくのでしょうか?
元祖オシオ男ですからね。
 ―態度はでかいが    ☚陽
 何かあるとすぐ逃げる   ☚陰
 躁鬱ではなくPTSDです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です