皇太子さま52歳が見守るPTSDのイザナミ&イザナキ(陰陽)

皇太子さまは
52歳の誕生日にあたって
記者会見されました。
やはり
皇室だなぁと思いました。
★お変わりなく
大手術を受けられた陛下ですが
「いつもと同じお声に
安堵しました」
日本人のごあいさつは
「お変わりございませんか?」
こころの平穏がむつかしいことを
大前提に
お互いに気遣う
美しい
PTSD予防文化です。
★世界発信の意気込み
日本の国の抱える問題は
歴史的世界的に
未曾有の難問です。
常に被災地を思いながら
震災についてご研究
その重要性を
「世界に発信したい」
場当たり的に勢いはいいが
根本的意気込みのない
学者は多いですが
真逆ですね。
★雅子さまの体調の波
「体調に波がある中」
がんばって愛子さまを支えたと
労われました。
 ―不登校問題は
 専門家に任せるのではなく    
 家族がまっすぐ取り組むものであると
 無言のお手本を示されました。
うつ病のような
型にはまった波ではないのは
国民が知っているとおりです。
日内変化や記念日反応のミックスでしょうから
詳細はわかりませんが
もしかしたら
薬物離脱の波も
あるかもしれないですね。
次元の違う2つの波に
 ―イザナミ(波)とイザナキ(凪)
翻弄されるのは
スサノヲ並の試練です。
そして
そういう苦しみのなかにいる
国民の増加が
国家的大問題なのです。
皇室はどこまでも
日本の鏡ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です