同居女性刺殺後放火のPTSD解離性狂言の介護士逮捕

介護施設職員男性(27)が
横浜市のアパートで
同居する
無職女性(当時19歳)の
首を絞めて殺害し
逮捕されました。
事件の日
この部屋では
ぼやがあり
アパート外階段の下で
左胸に刺し傷のある容疑者が
倒れていて
入院し
「誰かに刺された」などと
説明していましたが
「別れ話をしていた。
衣服で首を絞めて殺した」のが
真実だそうで
狂言だったようですね。
PTSDは
ストレス障害ですから
★別れ話もストレス
★ストレスから解離殺人
★殺人のストレスで狂言
★取り調べのストレスにすぐ自白
芋ずる式に
場当たり的
でたらめ行動が
できます。
自慢にはなりませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です