発達障害にでっちあげてもらいそこなうとお腹が空いてくら寿司に8時間で詐欺容疑になるPTSD事情

福岡で
住所不定
無職男性(23)が
詐欺容疑で
現行犯逮捕されました。
「お金がなく
腹が減ってしょうがなかった」
そうで
飲食の合間に寝るなどしていましたが
 ―お腹はいっぱいになったものの
 どうしてよいか
 困っていたのでしょう。
不審に感じた店側が
「(代金を支払わず)
今にも逃げ出しそうだ」と
110番しました。
詐欺を働くつもりなど
毛頭なかったのは
 ―【解離】して
 なーんにも考えてません。
 食べたかっただけです。
結婚詐欺殺人裁判の
木嶋佳苗容疑者と一緒ですね。
この年代で
所持金15円で
3500円くらいの飲食をすると
【発達障害扱い】になると
 ―空気も読めてませんから
 【アスペルガー】疑いもつくのかな?
思いますが
見過ごされたから
 ―親が
 特別支援校に
 入れてあげなかったからですね。
犯罪者になったのですね。
そういう妙な二元論が
実しやかに語られていますが
PTSDとして
治療されたら
知的障害者でも
犯罪者でもなく
生きていけるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です