サマンサタバサ社長のわいせつPTSD裁判はでっちあげか?

モデルの卵の
女子大生(20)が
寺田和正社長(46)から
性的行為を要求され
精神的苦痛を受けたとして
損害賠償を求める訴えを
東京地裁に起こしたそうです。
 ―社長は
 でっちあげ裁判だと反論し
 事実無根であることを証明すると 
 言っています。
受診した心療内科では
PTSDと
診断されていますから
現在明らかなのは
女子大生がPTSDであるということですね。
 ―まさか
 「うつ病の間違いだ」と
 指摘する人はいないでしょう。
 「何でもかんでも
 PTSDというな!」とも
 言わないでしょう。
 世の中変わりました。
争点は
PTSDになった原因になりますから
 ―でっちあげだとしたら
 妄想ということになりますが  ☚PTSD
 妄想をもつ原因が
 生育歴のなかにあったハズです。
なかなか原理的です。
裁判も変わりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です