DSM5‐TRに載るつもりか?伊丹の美容師殺害PTSD解離青年

伊丹市で
美容師女性(75)を
刺殺し
逮捕された
20代の男性は
名前が公表されておらず
刑事責任能力の有無も
調べられているようです。
お客さんもいる店内で
急に刺し
包丁は現場に残し
路上で職務質問を受け
 ―逃げる気もないし
 みるからに怪しい
「一年前に
髪を染めてくれなかった」
 ―殺人の理由になるか!
昨年3月には
付近のコンビニで
強盗未遂
限りなく
統合失調症的な
PTSD【解離】症状を
呈しています。
DSM5のポイントを
説明してくれる
教科書的症例です。
 ―臨床で気をつけるのは
 クライエントさんに
 こういう傾向があることです。
 好みのクライエントを演じられたら  
 困ります。
 演技性人格障害とか
 言われるのはこのあたりからですね。
奇妙なところでは
気の利く
トレンディさが
ヒステリー改め
PTSD解離人格の特徴なのです。
山口美江さんは
しば漬け食べたいと言わされ
催眠にかかって
大根バリバリ食べてたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です