母親を守るために父親を刺し逮捕されたPTSD解離高3

埼玉で
父親(47)を包丁で刺した
県立高校3年の長男(18)が
現行犯逮捕されました。
両親が口論となり
「母親を助けるためにやった」
普通の喧嘩ではなかったのだと推測します。
 ―議論になっていない。
そして
両親の不和に傷ついていたのでしょう。
加害者ですが
被害者です。
こういう家庭が増えていますね。
学校で
PTSD予防教育の一環として
哲学を教えるべきです。
 ―自分と世界との関係を
 考える習慣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です