幼児期の親子関係の問題を否認するのが原因でうつ病になる?

PTSDに
うつ病治療ばかりしてた
精神科医
 ―薬を使わない方法もあると言ってみたり
 お薬ありますよーと言ってみたり
 うつ病とPTSDの間を
 行ったり来たりしていましたが
とうとう
こころがしんどいのは
幼少期の
親子関係が原因だとか
書き出してます。
しかも
それを指摘すると
反論されるそうで
それは
【否認】という
防衛機制なんだそうです。
ここまで言うようになっても
 ―認知行動療法がお好きだから
 認知の歪みという言葉は知ってそうなものですが
 あれは何でもネガティブに考える
 うつ病の認知の歪みだそうですから
 (国家試験用の参考書に書いてありました)
 否認→PTSDとならないみたいですね。
 そう言えば
 発達障害親に薬を怖がるのは
 親のエゴだと
 (認知の歪み)応用してましたね。 
 
「PTSD」とは言わず
そのうちまた
うつ病を懐かしむのかな…。
足踏みが好きですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です