自閉症三大症状でっちあげる米国研究所と科学アカデミーの犯罪がまたPTSD児を追い詰める

アメリカの
サンフォード・バーナム
医学研究所が
自閉症三大症状を呈する
 ―①社会性の低下
  ②コミュニケーションの欠如
 ③強いこだわり
 PTSDでもありますよシラー
ネズミを作ることに
成功し
論文が
米科学アカデミー紀要に
掲載されるそうです。
「ヘパラン硫酸」を
 ―情報伝達をする
 脳の器官の
 発達を促す物質だそうです。 
操作したらしいですが
 ―ネズミさん可哀想
大昔の実験で
 ―これも可哀想だけど
 してしまった以上
 活かすのが筋でしょう?
 それを無反省にも
 繰り返すとは!
生後すぐ
母親から引き離されて
ミルクだけを
機械的に与えたサルは
 ―抱っこしたり
 声かけをしたり
 一切しない。
成人したら
★サルをみて逃げ回り
★追い詰められると噛み付き
★性交ができない
と実験済みです。
人間でも
こういう子が増え
自閉症にでっちあげられ
 ―ストレスになるからと
 普通のこと引き離され
 ますます社会性欠如を磨かされ
コンサータ飲んで
さらに脳を破壊されてます。
 ―コミュニケーション能力以前の
 問題です。
平成日本のオカルト神話です。
実話ですけど。

自閉症三大症状でっちあげる米国研究所と科学アカデミーの犯罪がまたPTSD児を追い詰める」への4件のフィードバック

  1. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >りんこさん
    おぉ~(ノ゚ο゚)ノ
    貴重な情報をありがとうございます。
    今は牛さんと仲良しですね。

    返信
  2. あ*

    SECRET: 0
    PASS:
    何だか存じませんが、我が血族も「①社会性の低下 ②コミュニケーションの欠如 ③強いこだわり」でキーサン扱いされて皆殺しにされそうです。挙げられた特徴がいいこととは考えませんが、皆殺しにするほどのことでもないように思います。ここは「堪えがたきを堪え、 忍びがたきを忍び」ですかね?

    返信
  3. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >あ*さん
    同感です。
    ま、勝手に言われてるだけなので、無視したり、犠牲になる人が出ないように、できるだけの努力をするしかないですね。
    その過程でいろいろあるから、【忍辱】の精神ですかね(:_;)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です