病院勤務の過剰被曝病院放射線技師もPTSD予防には無縁で解離自殺

昨日の午後
甲府病院の
放射線技師(54)が
車の中で
服毒自殺しました。
検査で
子どもたちに
過剰被曝させた事件は
ニュースになってましたね。
解離して
事件を起こしてしまい
取り調べなど受けるうちに
正気に還って
気持ちが落ち込んだのでしょう。  ≠うつ病
 
 ―リスカも過食も
 暴言も解離行動は
 こういうリバウンドがあるから
 しないほうがよいのです。
精神科で
安定剤とか
睡眠薬とか
もらってたのかな?
甲府の病院に勤めていても
PTSDを警戒してくれる人はなく
 ―PTSD予防という
 こころのケアが
 叫ばれてます。
解離自殺してしまうのが
日本の現実ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です