逃亡自衛隊員は変態扱いで逃亡こころのケアチームは擁護する被災地PTSDの解離性遁走

$PTSD研究家翠雨の日記
その時
確認できたのは
院長が見当たらない
ということだけなのに
逃亡したと
決め付けて

報道までしてしまったのは
ちょっとした
妄想が入ってますね。
こころが多大なストレスを受けて
【解離】し
客観性を失い
自分の常識だけで
判断してしまった
のでしょう。
 ―自分だったら
 当然怖くて
 逃げ出すだろうから
 院長もそうしたのだと。
サブタイトルに
「見捨てられた原発直下」と
書いてあります。
院長みたいな
科学者からすれば
目には見えなくても
 ―色即是空 空即是色
原爆直下の見捨てられた
ヒロシマ恐怖と
変わらないのではないかと。
汚名を着せたのは
よくないことですが
ここから学ぶのではなく
今は
こういう当たり前の
心理すら隠蔽され
逃亡自衛隊員を変態扱いしかせず
 ―被災地に行くのは御免と
 下半身露出して逮捕された。
逃亡専門家を擁護しています。  ☚仕事してません!
 ―こころのケアチームなのに
 傾聴せず
 気持ちを封印させ
 (不安も薬で撃退
 服毒恐怖も説得で撃退)
 アルコール依存症や
 パチンコ依存症
 自殺多発の
 被災地に
 まだPTSDは少ないと言う。
$PTSD研究家翠雨の日記
逃亡は
PTSDの
解離性遁走として
考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です