40代の耳鳴りにも抗うつ薬や行動療法が忍びよるPTSD否認医療

朝日新聞の相談コーナー
 ―わざわざ
 このケースを選んで載せるのは
 でっちあげうつ病キャンペーンの
 一環かな?
56歳の女性が
耳鳴りの相談をしてます。
9年前からですから
まだ40代の発症ですね。
いつも3日ほどで収まるけど
いつ来るかわからないので
不安
だそうです。
耳鼻咽喉科のセンセイは
★ビタミン剤による神経修復
★細胞の働きを活発にする薬
★抗うつ剤
★TRTという訓練法
  ―気持ちをそらすことで
  気にならなくする。
最後の最後に
うつになってはいけないので
カウンセリングが必要な場合もあると
答えてます。
発想が逆ですね。
心因があるから
うつにならないように
身体化しているって
ことの方が
 ―体の不調のほうが
 我慢しやすいようです。
 文字通り我慢になっちゃう場合も  ☚病気自慢
 多いですがあせる
今は多いと思います。
ビタミン剤が
効いてるかどうか
わからないと言っている  
 ―PTSDの人は
 薬の効き目なんか
 わかりません。
 
この人は
抗うつ剤に反応するでしょうね。
 ―そんな手軽に耳鳴りが収まるなら
 それがいい!と。
 医師は根治法はないけど…と
 言ってますが
 認知の歪みがあると 
 軽々スルーしますね。
自己責任になるのでしょうが
 ―ちょっと話聞けば
 介護やDVなんかで
 余裕のない生活してますからね。
 気の毒でしょう。
ワナに入ってくる心理をつかみ
ワナを仕掛けるのですから
悪いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です