ユダヤ人学校でのPTSD解離性無差別殺人事件で全仏黙祷のこころのケア

フランス南西部トゥールーズの
ユダヤ人学校で
男性教師1人と
子供3人の
計4人が死亡した
銃撃事件の
目撃者は
「犯人の男は
首から
小型ビデオカメラを
下げていた」と
言っています。
PTSD解離犯罪は
VTRから足がつきますが
そもそも
犯行を隠すつもりなどなく
 ―【解離】ですから
自分でも
足跡を残したりするんですね。
 ―歴史的な偉業でも
 成し遂げたくらいの
 勘違い妄想中ですしね。
ともあれ
サルコジ大統領は
大統領選の選挙運動を一時中断
 ―社会に機能不全を起こします。
全仏の学校で
犠牲者に黙とうをささげるよう
呼びかけました。
 ―逃げる子どもたちを
 執拗に追い回すほどでしたから
 子どもたちには
 こころのケアが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です